マイナンバー制度のスタートに伴いたくさんのお問い合わせを頂いております
少しでもお力になれるように説明をさせていただきます

よくある質問・お問い合わせ内容

  • 昼は会社勤めをしているので会社にバレたら困るのですが・・・
  • 親にバレないように働くことは可能でしょうか?
  • 今まで水商売をしてきて税金をはらったことがありません、今後も税金を納めずに働く事はできないのでしょうか?

ホステス・コンパニオンとして得られる報酬は一般的なアルバイトと比べれば非常に高額で、魅力的です。しかしマイナンバー制度導入後、上記のような不安や心配の声が多く、夜のお仕事に躊躇される方もいらっしゃいます。弊社ではマイナンバー制度は決して悪いものではなく、しっかりと理解をすれば貴女の力になるものだということをお伝えさせて頂きます。

なぜお昼の会社に副業がバレてしまうのか?

マイナンバー導入以前は、お昼の所得と夜の所得との紐づけが無く、夜の所得に関して
確定申告をしていないホステス・コンパニオンを特定することが難しい状況でした。

マイナンバー導入後は、全ての所得の紐づけが容易になり、確定申告をしていない所得の把握も容易になります。当然、夜の所得しかない方も同様に把握されます。

しかし、マイナンバーは誰がどこからいくら収入を得ている、とお昼の会社がわかる制度ではありません。ではなぜ?お昼の会社にバレてしまうのか?

 

それはズバリ住民税なのです!!

では、なぜ住民税でバレるのか?

夜働いた分の報酬をお店が税務署に報告をします。

市区町村は住民税の徴収のため、税務署から報告を受けます。

市区町村は、お昼の会社のお給料と夜の報酬の合計から、徴収する住民税の額を決定します。

決定した住民税額はお昼の会社に通知されます。お昼のお給料に対しての住民税よりも税額が多いため、会社から「もしかしたら副業の収入があるのかな?」とバレてしまうわけです。

※しかし、お昼の会社は貴女が、どこから副収入を得たのかはわかりません。

 

ではどうすればバレないのか?

 

非常に簡単です!

 

確定申告をする際に、申告用紙に以下のような欄があるので、住民税の納付方法を自分で納付にチェックをしてください。

kakuteishinkoku

これで夜の報酬分の住民税に関しては、お昼の会社に伝わらず、余計な疑念を持たれません。